Hawak Kamay

日本語パートナーズ4期としてセブ島ダナオ市で活動中。

生徒が先生に感謝する日~Teacher’s Day~

f:id:yutonakahira:20171010184536j:plain

フィリピンは先週World Teachers Dayでした。

生徒たちが先生に日頃の感謝を込めて

贈り物やマッサージ、ダンスや歌のプレゼントをします。

 

内容は学校によって異なると思いますが

僕の担当するメイン校のTeachers DAy を紹介します。

 

 

木曜日は日本語の授業がないので午後から学校へ。

午前中は授業をしていたようです。

そして12時からは準備の時間。

 

準備している人もいれば

バレーしている人もいれば

f:id:yutonakahira:20171010184636j:plain

映画観賞している人もいてみんなバラバラ。自由。笑

f:id:yutonakahira:20171010183910j:plain

2時からスタートらしく手伝える事もなさそう(邪魔になりそう)だったので

日本語クラスの生徒たちと映画鑑賞。

 

2時からと言われていましたがスタートしたのは3時。笑

フィリピンなので時間通りには始まりません。いつものことです。笑

 

そしていざスタート!

先生たち身だしなみバッチリ!

僕は白と黒の格好して来てとしか言われなかったので

いつもと変わらない格好。笑

生徒も何人かエスコート役としてドレスアップ。

男の先生には女の子、女の先生には男の子

おかまの先生には男の子。笑

フィリピンは日本のようにおかまへの偏見がないので

こうゆうのも当たり前のように行われます。

おかまが暮らしやすい国ナンバー1じゃないのかなと最近思っています。

入場を終え次は1人づつステージに。

そしてなぜかダンスをし、プレゼントをもらい、スピーチ。

ちょっと盛り上げようと頑張りました。久しぶりに心臓バクバク。笑

f:id:yutonakahira:20171010185234j:plain

 

全部が終わり定番の写真タイム

 

贅沢なことに僕は4クラスと関わっているので

全部のところに参加させてもらいました。本当にありがたい。

f:id:yutonakahira:20171010183932j:plain

 

フィリピンでは先生に対しての尊敬度がすごいです。

日本と真逆のように感じます。

 

先生は勉強を教えることが当たり前ではなく、

「毎日一生懸命私たちのために頑張ってくれている」という考え。

僕も生徒のときそんな風に思ったこと1回でもあったかな。

 

日本でもこんな風に先生が敬われていたら、将来先生になりたいと思う人がもっと増えるのにな。

 

先生としてフィリピンに住んでなかったらこんな経験もできなかったんだろうなと、改めて自分の今の状況が贅沢でありがたいものなんだと実感しました。

 

先生を目指して日本で勉強して、なることから逃げるように海外に飛び出して、でもいつのまにかその両方が合わさって

今フィリピンで先生をしている。

 

子どもたちにできたことは少ないけど、まぎれもなく僕はみんなの先生なんだ。

残り半年間、みんなともっと笑い合いながら過ごせますように。

 

出会ってくれてありがとう。

f:id:yutonakahira:20171010183944j:plain