Hawak Kamay

日本語パートナーズ4期としてセブ島ダナオ市で活動中。

フィリピンにいながらなんでカンボジア?

 

前回書かせていただいた記事の

フラワープロジェクトですが

無事に花壇も完成し協力していただいた

お花も植えることができました。

 

yutonakahira.hatenadiary.jp

 

f:id:yutonakahira:20170817133300j:plain

 

 

花壇は「MIRAI」で作ったようです。

離れてはいるけどきっと

僕の代わりに花たちが子どもたちを

見守り続けてくれる。そう信じよう。

 

f:id:yutonakahira:20170817133450p:plain

 

(ドローンでの撮影)

ドローンいいなー。セブで買われへんかなー。

 

 

 

フィリピンにいるのになんでカンボジアなの?

まぁそう思うのが当たり前ですよね笑

僕はカンボジアで多くのことを学んだからこそ今の日本語パートナーズという選択をすることができたと思っています。だから僕はフィリピンにいながらもカンボジアという国、カンボジアという国にいる大切な人ために動きたいんです。

 

去年の6月僕はカンボジアに初めて訪れて、初めて海外に住みました。最初は日本に帰りたいという思いばかりが頭をよぎってました。

そんな僕がカンボジアを好きになったのは

人との出会い、子どもたちとの出会いがあったからです。

 

 

いつだって僕を変えてくれるのは出会い

 

 

いろんなめぐり合わせが重なり

今でも大切に思う子どもたち、

僕なんかよりももっと子どもたちを大切に思う人たちと出会った。

 

きっとあの時みんなに出会うことがなければ

今こうしてフィリピンにいることもなく

普通に就職して、普通に仕事して

何気ない毎日を過ごしてたと思う。

 

カンボジアに行くと決めてよかった

カンボジアに住むと決めてよかった

 

きっとこの経験は行っただけじゃなく

住んだからこそわかったこと

だから住むことにこだわりたかった。

 

日本語パートナーズにはカンボジアへの

派遣も行なっているけど

それでもフィリピンを選んだのは

初めて訪れた国がフィリピンだったことと

何度も訪れている国なのに僕は

フィリピンという国のことを何も知らなかったから。

カンボジアが、出会いが教えてくれた

住むことの大切さ。住むからこそわかること。

僕はそれをフィリピンでも感じたいのと、

やっぱ海外住むことって大切だと再確認したかった。

 

だから日本語パートナーズでフィリピンを選んだ。

 

本当はフィリピンにいるなら、フィリピンのためだけに活動した方がいいのかもしれない。

でも僕にはそんなことできない。

僕の中からカンボジアが無くなると、フィリピンにいる意味も見失いそうだから。

 

 

だからこれからもカンボジアでの思い出と共に

この国をセブ島をダナオ市を知り尽くすために動き続けようと思う。

 

 

yutonakahira.hatenadiary.jp

yutonakahira.hatenadiary.jp