Hawak Kamay

日本語パートナーズ4期としてセブ島ダナオ市へ派遣予定。

タイトルのHawak Kamayについて

 

タイトルのHawak Kamayについて

 

Hawak Kamayタガログ語で「手を繋ぐ」という意味です。僕がこの言葉に出会ったのは1年前、フィリピンにボランティアへ行った時です。そのボランティアは子どもたちと5日間ペアを組み1日中一緒に過ごすというものでした。その時、毎日朝に歌ってたのがこのHawak Kamayという曲です。

 

YouTube


Hawak Kamay By: Yeng Constantino (w/ lyrics)

 

『歌詞、日本語訳』

 

Hawak Kamay (手をつなごう)

By Yeng Contantino

 

Minsan madarama mong kay bigat ng problema

Minsan mahihirapan ka at masasabing "di ko na kaya

時には困難で、なんて厳しいと感じる時もあるだろう

時には苦しくて「できない(無理だ)」と言ってしまうこともあるだろう

 

☆Tumingin ka lang sa langi, Baka sakaling may masumpungan

O di kaya ako'y tawagin, malaman mong kahit kalian

そんな時は空を見上げて、何かを見つけられるかもしれない

そうでなければ、いつでも良いから私を呼んで欲しい

 

★Hawak kamay, Di kita iiwan sa paglakbay

Dito sa mundo walang katiyakang

手をつなごう、共に歩き、置き去りにはしない

何が起こるか分からないこの世界で

Hawak kamay, Di kita bibitawan sa paglalakbay

Sa mundo ng kawalan

手をつなごう、共に歩き、別れはしない

この哀しい世界で

 

Minsan madarama mo ang mundo'y

Gumuguho Sa ilalim ng iyong mga paa

At ang agos ng problema ay tinatangay ka

時には足元に世界が崩れてしまうように感じることも

そして波のような問題にあきらめてしまうこともあるだろう

 

☆repeat

★repeat

 

Wag mong sabihin nag-iisa ka, Laging isipin may makakasama

Narito ako,narito ako...

一人ぼっちだと言わないで、仲間がいつもいると考えて、私はここいるよ、私はここに

 

 

僕がこのHawak Kamayをブログのタイトルにしたのは、今まで出会ってきた人や子どもたちと手を繋いだこと、握手した事、その大切さや1人で生きてるんじゃないって事を忘れずにセブ島のダナオに行くという思いを込めてこのタイトルを選びました。

誰も知っている人がいないダナオ市でもたくさんの人、子どもたちと手を繋げる関係を気づけたらいいな。